宮古島のおすすめダイビングスポット

いろんなダイビングスポットがあるのが沖縄になりますが、宮古島ダイビングもひとつの名所になっています。シーズンに関係なくマリンスポーツを楽しむ事ができる場所であり、ショップも多いですので選ぶことにまず間違いが起きないスポットです。その宮古島ダイビングで行っておきたいスポットと注意点について説明をします。

3つのポイントにわけることができる宮古島ダイビング

いざ宮古島へ

宮古島・八重干瀬・下地と伊良部島にわけることができるのが宮古島ダイビングです。この3つのスポットに人気が集まっています。それぞれに魅力が異なりますので、ショップが提供している写真などを参考にして選ぶと良いでしょう。なかには宮古島ダイビングのすべてを体験することができるツアーもありますので、ここもショップ選びをするときに参考にしてください。

簡単に紹介すると、八重干瀬はサンゴ礁が魅力的、下地・伊良部島は宮古島ダイビングのメッカ、そして宮古島本島はボートからではなくビーチからも参加できるダイビングもあり、下地・宮古島に負けないポテンシャルを持っています。

四季によっておすすめできるポイントが変わってくる

宮古島のきれいな海

基本3つのスポットは抑えておきたいのですが、ここに四季を知識の中に入れておくようにもしましょう。八重干瀬はサンゴが綺麗ですので、5〜11月くらいが良いシーズンになります。宮古島本島も初夏から秋にかけてがおすすめ。下地・伊良部は意外と冬のシーズンが適しています。もちろんそれ以外の季節でも違う顔を見せる地形になりますのでおすすめすることができますが、一応季節によって推奨できるシーズンがあることを知っておきましょう。観賞することができる生物もまったく変わってきます。

シュノーケリングでも楽しめる八重干瀬

宮古島ダイビング
サンゴ礁が魅力になるのが八重干瀬になります。こちらは無理にスキューバダイビングを行う必要がないほど浅いスポットになっていますので、シュノーケリングでも十分楽しむことが可能です。ダイビングになると体験だとしてもそれだけでスキル取得が必要になり、潜る深さも限界がありますので、十分楽しめないことがあります。

潜ることが苦手な方も多いです。そんな方であっても水面を泳ぎながら楽しむことができるシュノーケリングであれば、それほど問題が起きることは少ないでしょう。マリンスポーツ初心者でも十分楽しむことができるスポットです。

宮古島ダイビングで有名スポットが集まる下地・伊良部島

宮古島ダイビングで最も有名なスポットになっているのが、下地・伊良部島になります。魔王の宮殿・アントニオガウディ・白鳥幼稚園など、スポットをあげていけばキリがないほどの数が点在しています。ただし中級から上級のスポットが多いですので、ライセンスがある方が望ましいです。体験コースではなく、なんらかのライセンスを持っておいた方が楽しめるのは間違いありません。

ライセンスさえ持っていれば、あとはガイドが安全な指示をしてくれますので、それに従うだけで構いません。中級から上級の方におすすめできるスポットです。

宮古島もダイビングができるスポットがある

ビーチから参加できるダイビングスポットも豊富にあるのが、本島のおすすめポイントになります。どうしてもボートからになると船酔いが気になることもあるでしょう。そんな方にこそ本島からのエントリーがおすすめです。子供連れの家族のダイビングとしておすすめできるスポットでもあります。八重干瀬や下地・伊良部島と比較するとランクが下がるように感じることもあるでしょうが、そんなことはありません。十分楽しむことができるスポットです。

ほとんどがボートエントリーになる宮古島ダイビング

この島のほとんどのスポットがボートエントリーになっている特徴があります。船を使ってスポットまで移動してそこからスキューバダイビングやシュノーケリングを楽しむ手段になります。ここで問題になってくるのが船への対応。船酔いが障害になってしまうことも。昼食もボート上で行うことになりますので、酔いが心配になる方は対処する必要があります。無難にビーチエントリーのツアーに参加するのもひとつの手段になるでしょう。

家族連れでも楽しめるショップを選ぼう

ショップの数が多いのも宮古島ダイビングの特徴になっていますので、いろんな選択ができます。ここに強みを持っています。カップルはもちろんライセンス取得目的も、そして小さな家族連れでも楽しむことができるショップが目白押しです。スキューバダイビングでもシュノーケリングでも楽しむことができるでしょう。ちなみにスキューバダイビングは10歳から、シュノーケリングは3歳から体験することが可能です。
おすすめ宮古島ダイビングショップ

何をしたいのかをはっきりとしておこう

宮古島ダイビングで何をしたいのかをはっきりとしておくことによって、目的を持つことができ、それが楽しむことに繋がることになります。沖縄でも有数なスポットを抱えているからこそ、その目的をはっきりとしておきましょう。